【明星過去問&解答例】法学2(日本国憲法)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,220
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学科目終了試験、法学2(日本国憲法)の過去問とその解答例です。
    2016年度の試験では、本資料の問題からほぼ使い回しで出題されています。
    事前にまとめておくことで、高確率で試験を突破できます。
    本資料の解答例は合格実績のあるものです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学科目終了試験過去問&解答例
    WE1020 法学2(日本国憲法)
    *
    *
    参考・引用文献
    『法学』北岡勲・児玉誠著(明星大学)
    『http://blog.goo.ne.jp/tgalmoh/e/c8baff0e6a1d55fa334e8ddad410f1e5』
    『http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC27%E6%9D%A1』
    *
    *
    *
    ******以下、問題と解答例******
    *
    ●下記について論じなさい。
     日本国憲法の三原則
     日本国憲法の三原則(基本原理)は、国民主権・基本的人権の尊重・平和主義である。
    ・国民主権
     主権とは国の意思を決定する権利のことであり、国民主権は国の政治のあり方を最終的に決定ないし権威が国民に存するということである。
     大日本帝国憲法ではこの主権が天皇にあるとされていたが、日本国憲法下では象徴とされている。
    ・基本的人権の尊重
     基本的人権とは、人が生まれながらにして持っている権利のことである。
     「生存する権利」や「自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。