【明星過去問&解答例】児童・進路指導論

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数721
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013-2014に出題された、明星大学科目終了試験【児童・進路指導論】の過去問です。
     2014年11月現在、この中から高確率で出題されています。
    事前にまとめておくことで試験はパスできそうですね。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学科目終了試験過去問&解答例
    児童・進路指導論
    ●1.子どもたちの特徴を踏まえながら、「自己指導(能)力」の育成の必要性にふれ、学級における「自己指導(能)力」の育成についてまとめなさい。
    2.「いじめに対しては教師の毅然とした態度が必要です。しかし、いじめの傍観者、観衆と呼ばれる子どもたちには厳しい態度の指導が通用しません」、この意見を踏まえ、学級における傍観者、観衆の子どもたちの指導についての考えをまとめなさい。
    生徒の道徳や思考で理解できない件でも、繰り返し指導することで徹底され、成長に伴って理解できるようになると考える。
    また、指導は一貫性を持ち、妥協を許してはならない。子どもは教師をよく見ているからである。何より、「教師が自分と深く関わろうとしている」「善い行いをしたときは評価してくれる」といった意識を生むことが重要である。
    ●1.学級経営において、子どもの人間関係づくりの重要性について説明しなさい。
    2.基本的生活習慣の育成について、「生活リズム」の確立を踏まえ、学級における教師の働きかけについて述べなさい。
     教師は、児童の問題に共感し、意欲の向上を図らなければなら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。