明星大学...健康・スポーツ科学論2単位目レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数529
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学、健康・スポーツ科学論2単位目の合格レポートです。
    端的で読みやすいと思うので是非参考にしてみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学合格レポート
    健康・スポーツ科学論2単位目
    高齢期における、加齢による体力変化について説明し、健康維持のためにどのような運動を行ったらよいか、述べなさい。
     発育・発達期にはPHV年齢をピークとして身体諸器官の発達が続く。
     だが、20~25歳を過ぎた頃から老化は始まり、老化期には身体諸器官の構造および機能は衰えていくようになる。
     老化期には、生体のホメオスタシスも低下し、生活習慣病に代表されるように多様な疾患を合併して保有することが多くなる。また、わずかな動きで多様な症状を訴えるようになってくる。
     実質細胞数の減少が起こり、線維化も起こり組織・器官の重量減少と萎縮が起こってくる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。