【明星過去問&解答例】健康・スポーツ科学論

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数677
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学科目終了試験、健康・スポーツ科学論の過去問&解答例です。
    2014年現在、この中から高確率で使い回しで出題されています。
    是非参考にしてみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学科目終了試験過去問&解答例
    WB1010 健康・スポーツ科学論
    ●「スキャモンの発育発達曲線」について説明しなさい。
     身体の発達の様子を、一般型、リンパ系型、神経型、生殖型の4本の曲線によって、出生から20歳までの全増加量に対する100分率で示したもの。
     一般型は全身、身長、臓器などが該当し、出生直後と二次性徴時に大きく伸びる。
     リンパ系型は胸腺やリンパ節などが該当し、11歳ころに成人の2倍近くになり感染症に対する免疫力を高めている。
     神経型は8歳頃までに成人の95%に達する。これは身体を巧みに動かす能力と関連している。
     生殖型には生殖器が該当し、14歳頃から大きく伸びる。性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。