明星大学...法学2(日本国憲法)1単位目レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数601
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学、法学2(日本国憲法)1単位目の合格レポートです。
    高評価で合格をいただきました。
    端的で読みやすいと思うので是非参考にしてみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 合格レポート
    WE1010 法学2(日本国憲法)
    1.憲法の意義と近代憲法の原則
    憲法の意義を考えた場合、実質的意義の憲法と形式的意義の憲法がある。
     最初に実質的意義の憲法を考える。憲法とは、国家の統治体制の基礎を定める法であり、国家統治の基本体制または根本的秩序を定める法規範全体を指す。これは、国家が存在する以上必ず必要とされるものであり、原始国家や古代国家においても、権力的秩序をもって国家を統治している以上、必ず備えられている。
     次に形式的意義の憲法を考える。これは憲法が成分憲法典としての法形式をとる場合である。成分憲法典の外に憲法的慣習が存在したり実質的意義の憲法が法律や命..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。