明星大学...中等教育実習指導レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数727
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中等教育実習指導のレポートです。もちろん合格をいただきました。具体的でわかりやすいと思うので、是非参考にしてみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中等教育実習指導レポート
    (1)教育実習に関わる学習を通して自らの課題を2点示し、実習に向けてどのように取り組んでいくか具体的に書きなさい。
     教育実習に関わる学習を通して、また他の体験からも自身の2つの課題を知ることができた。一つは授業計画に不慣れであること。もう一つは授業における会話の適切な声量やペース判断の力である。
     授業計画が適切に判断できない要因の一つが中学校・高校数学科の練習不足である。大学受験以降は特に集中して取り組んだことはなく、これが学習計画の力量に影響しているものと考える。事実、現任の中学校の個別授業や補習授業において、計画された期間内に予定範囲をクリアできなかったり、ほとんどマスターさせられずに終わってしまったという反省がある。また、これらには生徒の個別性の影響も大きいので、個人に適した計画を作る力が求められている。数学科の練習を積み、また現任校での実践練習によって克服したい。
     指導案作成に疑問を持って臨むのも、上に同じく数学科の練習不足が要因の一つと考えられる。練習に加え、現任校の数学科教員からも学んで行きたい。
     会話の適切な声量やペース判断の力は学校現場..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。