明星大学...中等教育方法学2単位目レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数325
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年に販売者が作成した、明星大学・中等教育方法学2単位目のレポートです。もちろん合格をいただきました。
    端的で読みやすいと思うので是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     明星大学…中等教育方法学2単位目レポート
    1.情報機器やソフトウェアを活用した授業を展開する際に、配慮すべき点および課題を、自分が志望する校種・教材を題材にして検討しなさい。
    自身が志望する中学校の数学科では、数や図形の基礎的・基本的な理念の修練によって論理的思考や表現力を培い活用できる段階まで育成することを目標とする。文部科学省の調査結果等が示す通り、日本の児童生徒の知識や技能の面は良好である反面、思考力や表現力が弱いという問題がある。入試対策として教授内容が浅く網羅性を持っていること、知識の詰め込みや記憶することに走りがちであること、また受け身的な授業構造がその問題を助長していると考えられる。これらから、児童生徒の授業に対する積極的な態度や思考力や表現力が育成される必要がある。
     情報機器を用いて授業や補修を行うことは意義のあることかもしれない。教師が教授内容を整理したものをプロジェクターで投影し授業を行うことは、生徒が視覚的に理解しやすく、また関心を引き出し授業に積極的になれるといった効果が期待できる。ソフトウェアやインターネットを活用することは、視覚的に理解しやすい、多方面か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。