教育制度・行政論 レポート 設題2

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数672
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近大姫路大学通信教育学部の合格レポートです。 学習の参考資料としてご活用下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2 教育行政機関と学校の関係について述べなさい。
    教育委員会は、各地方公共団体に必置とされている合議制の行政委員会である。
    公立の学校の設置・管理・廃止に関する事務、学校の財産の管理に関する事務、学校の教職員の任免その他の人事に関する事務、各地方公共団体の設置する幼稚園や小学校などに関する様々な事務を行っており、一般的に「教育委員会は学校の管理機関である」と言われている。
    ここでの学校の「管理」とは、学校に対する指揮監督、指導助言、経費負担などを行い、学校がその本来の目的を達成するために、運営・維持することを言う。
     学校管理は、教職員の配置や任命など学校の人的条件に関する人的管理と、学校の校舎やその他の施設や設備等の維持改善など学校の物的条件に関する物的管理と、学校の組織編制、幼児児童生徒の取り扱い、教育課程など学校の運営に関する運営管理の三つに分類できる。
     このように教育委員会は学校に対して幅広い管理権を持っているが、この管理権の行使を客観的に規定したものが「学校管理規則」と呼ばれる教育委員会規則である。
    これは管理機関の管理権と校長の校務掌理権とを関係付け、教育行政の秩序を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。