特別活動指導法 レポート 設題2

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数466
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近大姫路大学通信教育学部の合格レポートです。 学習の参考資料としてご活用下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2「特別活動が学校教育ではたす役割を把握して特別活動の現代的課題について述べなさい。」
     学校教育において、特別活動は2つの教育的意義を有する。
     1つは、それぞれの子どもの興味や個性に従って、教科学習を補助し、補完する機能を果たすことで。あるもう1つは、子ども同士、子どもと教師の直接的な相互作用による訓育機能を果たすことである。
     前者の効果として考えられるものに3つある。第一に、ある特定の教科学習を、子どもの自由意志に基づいて選択させ、その内容を、さらに深く追求していく概念を与える。ここでは、一人ひとりの子どもの個性や興味を最大限に生かした学習が可能である。第二に、教科外活用による、自然や地域の中での作業を通し体験学習の幅を広げることにより、その後の教科学習そのものを、よりリアルで身近なものにさせるという方法である。第三に、知識を媒介にした授業とはかなり異なった自由な活動が、教科学習の合間に入り込むことによって急速な効果をあげることができる。
    後者は、教科学習のように、知識を媒介にして間接的に子どもに働きかけるのではなく、子ども創始、子どもと教師の「係わり合い」という直接的な相..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。