相談援助の形成過程と変遷内容について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数184
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B判定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ソーシャルワークが組織的に展開される以前は、社会的に弱い立場になる人達に宗教的な価値観にて、慈善や救済といった形での活動であった。
     組織的に活動が始まったのは1870年代、イギリスのCOS(慈善組織協会)に所属する友愛訪問員が、要救護者を訪問し、生活相談とともに救済活動を行ったことにある。この活動が社会福祉運営の方法や技術を発展させ、また、ケースワークについても体系化させたことは、COS の活動が源流となっている。
     このCOSの先駆的な活動がアメリカで導入され、ケースワークとして発展していくことになる。1889年よりCOSの活動に従事していたリッチモンドは、1917年に次世代のソーシャルワーカーを養成するための知識と方法を、
    当時のケース記録を分析した「社会診断」を発刊した。さらに1922年には、「人間と社会環境との間を個別に、意識的に調整することと通してパーソナリティを発達させる諸過程から成り立っていると定義した「ソーシャルケース・ワークとは何か」を執筆し、ケースワークを科学的な支援の方法として体系化され、慈善事業から専門職業へと向かう大きな役割を果たしている。
     1920年代..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。