権利擁護にかかわる専門職の役割について、社会福祉士の視点から具体的に述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数280
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     2000年に行われた社会福祉基礎構造改革によって、社会福祉の質の拡大、社会福祉の質の向上、福祉援助を受ける人の権利確保が、位置づけされた。中でも、介護サービス、障害者福祉サービスの利用システムは、それまでの行政処分(措置)から、契約(対等な関係、選択、自己決定)に基づく制度へと転換した。措置から契約への転換は、介護保険法の成立、障害者自立支援法の成立によって、認知症高齢者、知的障害者、精神障害者など判断能力の不十分な人々の契約を支援する仕組みが必要となった。それには、現代の社会福祉の理念である、自己決定の尊重、残存能力の利用、ノーマライゼーション等、「権利としての福祉」の確立を目指す意義があ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。