ソーシャルワークの実践モデルについてあなたの考えも含めて述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数370
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定。原文のままの使用は避けてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワーカーの実践モデルとは、クライエントが抱えている問題や具体的生活課題の課題解決過程において、基礎的、共通的な方法、技術を使い解決に導いていく道具的な役割を持っている。すなわち、ソーシャルワーク実践とは、モデルやアプローチなどの技法を用いて、クライエントの生活課題の解決、者気的機能の改善、維持、向上を実現し、クライエントの最善の利益を確保、獲得することを目的とした、過程展開方法である。
    その支援展開に必要な生活課題を把握、理解するためにモデルという道具が必要となる。
    範型を使い、次の展開を考え問題解決へつなげていくのである。
     実践モデルには、ソーシャルワーカーの発展過程により、数多く紹介、解説され、分化、多様化されているが、これは、社会福祉をめぐる制度、政策、具体的サービス内容の変化が大きい。また、クライエントの生活環境や経済的、社会的状況の変容を大きく関わっていることも事実である。その中で、ソーシャルワーカーは、実践モデルを使い、適切な状況把握、アセスメントを進めることが大切となる。
    具体的に治療モデル、生活モデル、ストレングスモデルについてみていく。
     治療モデルとは、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。