発達障害者支援法に定める発達障害児者に対する福祉支援について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数109
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定。中央法規2011

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     発達障害者支援法は、平成16年に成立し、平成17年4月1日から施行された。発達障害者支援法の理念は「発達障害を早期に発見し、発達支援を行うことに関する国及び地方公共団体の責務を明らかにするとともに、学校教育における発達障害者への支援、発達障害者の就労の支援、発達障害者支援センターの指定等について定めることにより、発達障害者の自立及び社会参加に資するようその生活全般にわたる支援を図り、もってその福祉の増進に寄与する事を目的とする」としている。つまり、発達障害のある人について早期の支援が重要であり、国や地方公共団体がその責務を明らかにし、学校教育等の支援を図るということである。この法律の施行の背..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。