医療観察法の概要と地域支援を行う意義について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数258
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B判定。本文をそのまま使用するのは避けてください。
    中央法規「更生保護制度」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律(医療観察法)は、心神喪失又は心神耗弱の状態(是非善悪を認識する能力が喪失、または著しく減退している状態で、刑事責任を問えない、もしくは刑法上の責任が軽減される状態)で、重大な他害行為(殺人、放火、強盗、強姦、強制わいせつ、傷害)を行った人に対して、適切な医療を提供し、社会復帰を促進することを目的とした制度である。
    この制度では、心神喪失又は心神耗弱の状態で重大な他害行為を行い、不起訴処分となるか無罪等が確定した人に対して、検察官は、医療観察法による医療及び観察を受けさせるべきかどうかを地方裁判所に申立てを行う。
    検察官からの申立てがなされると、鑑定を行う医療機関での入院等が行われるとともに、裁判官と精神保健審判員(必要な学識経験を有する医師)の各1名からなる合議体による審判で、本制度による処遇の要否と内容の決定が行われる。
    審判の結果、医療観察法の入院による医療の決定を受けた人に対しては、厚生労働大臣が指定した医療機関(指定入院医療機関)において、手厚い専門的な医療の提供が行われるとともに、この入院期間中から、法務..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。