国民健康保険の内容と意義について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数106
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B判定。本文をそのまま使用するのは避けてください。
    中央法規 「社会保障」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     わが国の社会保険の始まりは1922年に成立した健康保険法が始まりだといえる。1868年の明治政府樹立の際には、欧米列強の脅威から身を守りつつ、近代生産国家の確立を目指していたが、一方では急激な経済社会の変化に対応するための公的扶助として、恤救規則が制定された。しかし全国的な救貧制度としては不十分であった。明治中期以降、日清、日露の戦争を経るまでの国家課題は治外法権の撤廃、関税自主権の回復などの不平等条約の改正であった。大正時代になってから、労働者保護政策が課題にあがり、職工(ブルーカラー)を対象とした健康保険法が1922年に成立した。しかし関東大震災により財源の事情で遅延し、1927年に各府..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。