支援計画の目的及び作成方法についてあなたの考えも含めて述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数117
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定。中央法規。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     相談援助における支援計画は相談援助の展開過程の流れの中の一部である。様々な社会福祉機関、施設、あるいはソーシャルワーカーを配置している機関によって相談援助は行われている。対象者は高齢者、障害者、疾病者など多岐に渡る。援助が行われる機関の特性や対象者によって援助そのものの行為、あるいは業務は表面上異なるものと映るかもしれないが、ソーシャルワーク援助として行われるプロセスは、ソーシャルワークという専門技術であって、基本となる展開プロセスの目的や機能は変わらない。
    支援計画の目的には、ソーシャルワークの定義が基盤となり、それは人々の福利(ウィルビーイング)の増進であり、その人にとってよりよい状態、よりよいあり方を強化することが目的となる。支援計画を進めるにあたり具体的に展開過程を10の段階として区別してある。これは、理念上の段階分けとして理解する。展開過程の流れを確認すると、①ケース発見②受理面接(インテーク)③問題把握④ニーズ確定⑤事前評価(アセスメント)⑥支援標的、目標設定⑦支援の計画(プランニング)⑧支援の実施⑨モニタリング⑩終結である。注意すべき点は、この順番通りに援助が進むわけで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。