地域福祉の理論と方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数246
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定。中央法規

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域福祉の発展は、19世紀後期のイギリスの事前組織化運動や、セツルメント運動が源流になっている。このような運動はアメリカにも広まりハルハウスの創設や、ケースワーク、グループワーク、コミュニティーオーガニゼーションへと理論家、体系化されていった。
    慈善組織協会やセツルメント運動などの定義は、産業革命以降の近代資本主義の発展とともに拡大した貧困問題やスラムに対する民間の活動家による地域を基盤とした先駆的な社会福祉実践であった。公的な制度だけでは対応が難しい問題に対し、先駆的、開発的に地域を基盤として取り組んだ点からも、今日の地域福祉にも通ずる源流となった。
     日本では、明治、大正時代までは基本的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。