従来の措置制度と社会福祉基礎構造改革について述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数571
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定。中央法規

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日本の社会福祉は1946年、GHQによる社会救済に関する覚書によって示され、生存権及び国民生活の社会的進歩向上に努める国の義務、公の財産の支出、利用の制限(憲法第25条、第89条)に規定され、国の基盤として形成された。
     措置制度においては、措置権者である行政機関が措置を福祉サービス提供者(施設や事業者)に委託することで福祉サービスを利用者に提供することが一般的であった。行政が直接的に対象者に生活問題状況に介入することから、公的責任は明確であったが、サービス利用に関する権利関係は利用者と措置権者、措置権者と受託事業者との三系統になっており、直接的な権利義務関係がわかりずらいものであった。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。