社会変動についてまとめ、今後の社会福祉課題についてあなたの意見を述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数271
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B判定
    参考文献:新・社会福祉士養成講座4
             現代社会と福祉 中央法規2011

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    今日の我が国の社会福祉を考える上で重要な社会変化には「人口の変化」「労働の変化「家族の変化」という3つの要素がある。まず1つ目が「人口の変化」であるが、伝統的な社会というのは「多産多死」の社会であり総人口はそれほど変わらないものだった。ところが、近年になって「医療の発達」「公衆衛生の改善」により、有病率や死亡率が低下するようになった。また、時代が進むと「生活水準の上昇」「ライフスタイルの変化」「避妊技術の発達」などのさまざまな要因から出生率が低下してくる。その結果、現代の日本は2005年に高齢化率が20%を超えて世界一の「超高齢社会」になっている。人口構成が大きく変化するということは必然的にそ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。