精神発達遅滞、自閉症、学習障害、多動性障害の4つに障害について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数173
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A判定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     障害とは何かを問う時、そこには、生物学的な側面、心理学的な側面、社会的な側面から、捉えることが必要になる。1980年にWHOが障害を「機能障害、能力障害、社会的障害」という3つの次元で定義したことにも複合的な視点として捉えている。また、障害を社会の中に位置づけるノーマライゼーションも、画期的な意味を持つが、この定義では3つの次元の関係が単線的で能力の障害が社会参加を妨げるというように考えられがちであった。2001年に改訂されたWHOの障害の定義では、障害を周辺の背景因子を含めてより可塑的、重層的に捉え、常に支援との関係で見ようとする視点が盛り込まれ、概念を大きく刷新した。
     では、発達障害とは何かについて述べるが2004年に制定された発達障害者支援法によると、「発達障害とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他、これに類する脳機能の障害であって、その症状が通常低年齢において発現するものを指す」と定義されている。
     代表的な発達障害について述べる。
     精神発達遅滞とは、全般的な知能に発達に遅れが見られ、社会生活にうまく適応できない状態をい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。