S0528 道徳教育の研究(リポート) 2013年度版

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数190
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年度4月にリポート提出、5月に試験を受けています。
    リポート評価はA評価でした。

    試験対策については、別売ですが、テキストを中心にまとめていますので、よければそちらをご購入ください。
    暗記用に、文章量を控えめに、内容もわかりやすく書いたつもりです。
    2013年も4月試験まではこの6設題で対応可能のようでした。
    2013年5月試験は問題の表現が微妙に変わっていましたが、基本的にほぼ同一内容でしたので、今年度も対応可能かと思われます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。
     本件に関するリポートを作成するにあたり、平成18年の改正教育基本法及び平成19年の教育基本法の一部改正を背景に、平成20年度に改訂された学習指導要領を踏まえるとともに、自身の見解を述べていきたい。
     現行の学習指導要領は、平成8年の中央教育審議会答申を踏まえ、子どもたちに必要な力は「生きる力」であるとの理念に立脚している。「生きる力」とは、人と協調しつつ自律的に社会生活を送ることができるために必要とされる人間としての実践的な力であり、豊かな人間性が重要な要素としてある。
     「生きる力」については、過去数度の学習指導要領の改訂を重ねていく中でより明確なものへと定義付けがなされてきており、最終的には「確かな学力、豊かな人間性、健康・体力」という三つの能力から成る「全人的な力」と定義されることとなった。
     しかしながら、昨今における「ゆとり」からのゆり戻しである学力向上に重きをおくとした社会風潮の拡大やその過剰な取り組みは、子どもたちの学習意欲を減退させ、生活環境及び生活スタイルの変化は豊かな人間性を育む基盤となるものから逸脱し、個人の体力差を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。