佛教大学 2014 T0341「情報・メディアとコミュニケーション」 第2設題レポート A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数236
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程,2014年度の「情報・メディアとコミュニケーション」第2設題リポートです。

    【第2設題】現代社会における社会的コミュニケーションの特質とは何か。新しいメディア技術の登場などの影響などに言及しながら考察しなさい。

    A判定をいただいきました。所見は以下の通り

    「メディアの発達や普及のみでは、好ましい社会的コミュニケーションは実現しません。そのことが説得的に書かれています」

    本稿では現代の高度情報化社会について概括し、人が如何に技術を使うか、どのように技術と向き合うかという、リテラシーの問題について言及しています。

    キーワード意味内容の把握、レポート作成の参考にお役立て下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【設題】現代社会における社会的コミュニケーションの特質とは何か。新しいメディア技術の登場などの影響などに言及しながら考察しなさい。
    現代社会における社会的コミュニケーションの特質を述べる上では、何よりもネットワークインフラの整備と、情報機器端末の進歩について言及しなければならない。この二つの技術が可能としたのは、まさしく双方向性を持ち合わせた情報流通である。何時でも、誰でも、確実に、迅速に、情報を受け、発信することのできる現代社会は、情報の時間的・空間的な在り方が大きく変容した社会であるといえるだろう。そしてこのことは、情報の質的な在り方さえも大きく変えつつある。本稿ではこの、情報の質的変容について俯瞰し、現代社会における社会的コミュニケーションの特質について言及したい。
    21世紀の現在は、過去に想定されていた「情報社会」や「情報化社会」、あるいは「高度情報化社会」という言葉が、まさしく体現化された時代だ。誰もがネットワーク化された個人用の情報端末を持ち、いつでも、どこでも、様々な情報にアクセスすることができる。また受動的に情報を受け取るだけではなく、自ら能動的に情報を発信することが可..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。