P6101 佛教大学 英米文学概論 予想問題とレポート

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,131
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育、P6101、英米文学概論のレポート&予想問題のセットです。2012年でレポートはB評価、最終試験は80点合格済み。

    レポートに対する採点が厳しくなっています。そのままのコピーはやめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (設題)ワーズワース、コールリッジ、バイロン、シェリー、キースについて
       (Wordsworth) ( Coleridge) (Byron) (Shelly) (Keats)
    18世紀末英国ロマン派の代表たちで、第一世代がワーズワスとコールリッジ、第2世代がバイロン、シェリー、キースである。ワーズワスとコールリッジは共同で「叙情歌謡集」を出版するほど深い親交があった。この詩集の出版はイギリス・ロマン派の開始を告げる一大金字塔となった。しかし、当時は好評ではなく、これに新作の詩を加えて第2版、第3版を出版し、自分たちの詩の主義主張を宣言した。ワーズワスとコールリッジは自らも湖水地方に住むなどみずみずしい自然に目を向け、想像力を尊び、のびやかな文学を作った。これがロマン主義の始まりである。第二世代はまずバイロンであるが、彼の生き方はロマン派の心情の体現者とされ、自ら亡命者となってヨーロッパをさまよう主人公を書いた『チャイルド・ハロルドの遍歴』はバイロンの自伝とされる。このような血湧き肉躍る行動性と、情熱的恋愛と試作をつうじての反俗的パフォーマンスが、彼がロマン派の体現者と言われるゆえ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。