教育方法学 Z1108 従来の知識伝達を重視した・・・

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数370
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛大通信の教職科目レポートです。すべてオリジナル。
    タグに載っている科目が資料です。2012年度、すべてA判定です。

    2012年度の途中より、レポートに対する評価が厳しくなりました。
    購入資料を一字一句変えずにそのまま提出されるのは非常に危険ですのであくまで参考程度によろしくお願いいたします。

    他にも、レポートや試験問題&解答を多数販売しておりますので是非参考にしていただけたらなと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点をのべよ」
    従来の知識伝達の教育から主体的に学習する授業に転換することは、校内暴力やいじめが話題となったことや最近では学級崩壊や学校崩壊、学力低下が問題となっている学校においては重要な課題である。そしてそれを伝える教師の力量や判断力にも大きく関わっている。ここでは、従来の知識伝達を主体とした授業と主体的な学習を基本とする授業についての設計と評価について、その視点毎のまとめと留意点について考察した。
    日本では知識伝達を主体とする授業が、これまであまりにも当然で普遍的なものであった。これは中央からのトップダウン的で一律的なものであり、ある面において長く諸外国から羨望のまなざしをもって眺められるような存在である。これは日本の教育思想が、モダニズムの効率優先的思想を重視してきた結果であり、今日まで続いてきた。しかし、今日の日本の学校では、学校病理と言われる様々な問題が生じており、問題がいっそう拡大する傾向にある。つまり日本..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。