佛大 教育心理学 Z1108 児童期、青年期において社会的認知・・

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数343
ダウンロード数2
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛大通信の教職科目レポートです。すべてオリジナル。
    タグに載っている科目が資料です。2012年度、すべてA判定です。

    2012年度の途中より、レポートに対する評価が厳しくなりました。
    購入資料を一字一句変えずにそのまま提出されるのは非常に危険ですのであくまで参考程度によろしくお願いいたします。

    他にも、レポートや試験問題&解答を多数販売しておりますので是非参考にしていただけたらなと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達
    対人関係)の拡がり、自己意識などがどのように変化するかをまとめよ」
    人は、さまざまな環境に対し反応して生活をいとなんでいる。人は生きていくためには、その環境と状況に応じた行動をとらなければならない。さらに、欲求を満たして行動できるように、行動を調整していかなくてはならない。この、個人と環境との相互作用において両者間に何らかの一致ないしは調和の状態がある場合を適応という。人間は適応するために、いろいろな欲求を充足させようとして目標を定めたり、課題を処理したり、学習や訓練を受けたりと、自らの行動を調整する。しかし、人の行動が目標に向かう過程で何らかの理由で阻止される時に欲求不満の状態に陥る。このような状況下では、欲求が満たされず、緊張状態が生ずる。その状態が続く
    と欲求不満は攻撃性、退行性、固着性の反応として表れる。児童期、青年期は様々な心理的課題を抱える時期であり、欲求不満に陥り、それに耐えられず情緒的に混乱をおこしてしまう危険性が高い時期でもある。すなわち、社会の秩序や規範に対して、自己のパーソナリティやその他の個体的条件を適合的に調和..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。