教育社会学1 Z1104 学歴社会とは何かを明らかにし・・

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数240
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛大通信の教職科目レポートです。すべてオリジナル、コピーなしです。
    タグに載っている科目が資料です。2012年度、すべてA判定です。

    2012年度の途中より、レポートに対する評価が厳しくなりました。
    購入資料を一字一句変えずにそのまま提出されるのは非常に危険ですのであくまで参考程度によろしくお願いいたします。

    他にも、レポートや試験問題&解答を多数販売しておりますので是非参考にしていただけたらなと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。」
    学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」のことであると考えられる(教育の比較社会学p.34)。日本では学歴社会が崩壊したと言われ、現実に一流大学を卒業し、一流企業に就職した人間がリストラや倒産で職を失う事態が頻繁に生じている。ここでは、日本の学歴社会を中心に学歴社会とは何か、そして高学歴化の進行による教育の変化にについて考察した。
     義務教育後の中等学校就学率や大学進学率が一定程度の高水準に及んだ社会は日本以外、例えばアメリカ、カナダ、韓国、シンガポール等たくさんある。しかし、日本ほど受験競争や偏差値といったうわべの勉強ができるかできないかというだけで人間を評価しその後の社会的地位まで決定されてしまう特殊な社会はないと言われている。日本の学歴社会が特殊なものとして問題視されてきたのは、一つは社会階層という視点が力をもたなくなったからである。労働者や所謂ブルーカラーの家庭で生まれた子どもの学業成績や人間関係は、医者や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。