教育原論 Z1102

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数284
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛大通信の教職科目レポート、すべてオリジナル、コピーなしです。
    2012年度、すべてA判定です。

    2012年度の途中より、レポートに対する評価が厳しくなりました。
    購入資料を一字一句変えずにそのまま提出されるのは非常に危険ですのであくまで参考程度によろしくお願いいたします。

    他にも、レポートや試験問題&解答を多数販売しておりますので是非参考にしていただけたらなと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハヴィガーストの発達課題を年齢段階別に記述せよ。
    「人間は決して既に出来上がった人間として生まれてくるのではなく、教育によって子供ははじめて人間となるのであり、従って教育こそ、人間としての発達の必須条件だ。」とオランダの教育人間学者ランゲフェルドは人間に教育が必要なことについて述べている。そしてさらに、人間には発達に応じた課題があるという「発達課題」という考えをアメリカの教育学者ロバート・R・ハヴィガーストが唱えた。本論では、ハヴィガーストの発達課題を年齢段階別に論じ教育とは何か、人間の発達過程において教育はどのような役割を果たすのか、という人間教育の視点から学ぶことを目的とした。
     ハヴィガーストの発達課題という考え方は、教育にとって有益であるということから、この考え方が今日でも支持されている理由であると考えられる。「発達課題の概念が、教育者にとって役に立つ理由は二つある。その一つは学校における教育目標を発見し設定することを助ける点にある。教育は、個人がその発達課題を確実に習得するのを援助するために、学校を通じて、社会が努力することにほかならない。その二は、教育的努力をはらうべき時機..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。