佛大 P6301 英文学史 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数677
ダウンロード数53
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程P6301英文学史第2設題のレポートです。
    2012年11月に提出し、A判定で合格致しました!

    【担当教授による所見(一部)】
    シェイクスピアについては第一~第四期各々の特徴と作品をしっかりと理解できています。



    今年度の途中より、レポートに対する評価が厳しくなりました。
    購入資料を一字一句変えずにそのまま提出されるのは非常に危険ですのであくまで参考程度によろしくお願いいたします。

    他にも、レポートや試験問題&解答を多数販売しておりますので是非参考にしていただけたらなと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキストの第七章「十八世紀の散文、詩、劇」第八章「小説の誕生、そして成長」第十一章「ヴィクトリア朝の小説」第十四章「戦後の文学」をまとめよ
     
    第七章「十八世紀の散文、詩、劇」
    十八世紀にイギリス近代社会が根をおろし、市民階級が発達しジャーナリズムと小説が誕生した。Defoeはまさしくこの階級に生まれ、この階級の知的活力を代表する人物であった。ジャーナリズムの父と呼ばれた彼は生涯に幾種類もの定期刊行物を創刊し、発行した。彼の文学は十八世紀英国ジャーナリズムの基本の性格であるとともに、後の小説誕生の原点であった。「Robinson Crusoe」で小説家としての名を不朽のものとしたが、これは無人島に置き去りにされて四年間を過ごした人物の実話からヒントを得て書かれたものである。困難な状況にあって、持ち前の勤勉工夫で明るく生き抜く姿は当時の代表的なイギリス人像とされる。
    一八世紀前半の英文学のもう一つ特色は、風刺文学が空前絶後の隆盛を示したことであろう。Swiftは英文学史上最大の風刺作家で、「Gulliver`s Travels」は子供から政治家まで読むベストセラーになった。「Gulliv..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。