佛大 P6302 米文学史 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数407
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程P6302米文学史第2設題のレポートです。
    2012年11月に提出し、A判定で合格致しました!

    【担当教授による所見(一部)】
    分野別にわかりやすく述べられています。



    今年度の途中より、レポートに対する評価が厳しくなりました。
    購入資料を一字一句変えずにそのまま提出されるのは非常に危険ですのであくまで参考程度によろしくお願いいたします。

    他にも、レポートや試験問題&解答を多数販売しておりますので是非参考にしていただけたらなと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ロスト・ゼネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。
    ロスト・ゼネレーションの作家は、第一次世界大戦をきっかけにアメリカからヨーロッパ、とくにパリに渡り創作修行を積んだ作家らのことである。ヘミングウェイに影響を与えたガードルード・スタインは「あなたたちはみな迷える世代(ロスト・ゼネレーション)なのよ。」と彼らをそう呼んだが、彼らの作家や作品の特徴はどのようなものであったのであろうか。
     ガードルード・スタインは作家としてよりも1920年代の若いアメリカ作家たち、とくにヘミングウェイに大きな影響を与えたことが知られている。彼女はアメリカで生まれながらパリに帰化し、パリの自宅で多くの芸術家たちが積極的に交流できる場を設けたモダニズム最大の触媒でありパトロンである。作品としてはヘミングウェイ等の文体に影響を与えた『三人の女』や自伝的作品『アリス・B.トクラスの自伝』ではマチス、ピカソやヘミングウェイ、フィッツジェラルドとの出会いなどが記録されている。
     F.スコット・フィッツジェラルドの『華麗なるギャツビー』は、かつて金も名声もなかったがゆえに恋人とわかれなくてはならなかった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。