佛大P6302 米文学史 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数433
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程P6302米文学史第一設題のレポートです。
    2012年11月に提出し、A判定で合格致しました!

    【担当教授による所見(一部)】
    代表的作家を挙げ、うまくまとめています。



    今年度の途中より、レポートに対する評価が厳しくなりました。
    購入資料を一字一句変えずにそのまま提出されるのは非常に危険ですのであくまで参考程度によろしくお願いいたします。

    他にも、レポートや試験問題&解答を多数販売しておりますので是非参考にしていただけたらなと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。
     19世紀のアメリカ文学を代表するのがエドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe,1809-49)とマーク・トウェイン(Mark Twain,1835-1910)である。
    ポーはその波乱に満ちた短い人生で、短編、詩、評論の3分野にわたって作品を残している。短編小説、特に推理小説でポーは後に巨匠と呼ばれたが、小説の種類としては、恐怖をねらったものや美的または詩的なものもある。まず推理小説の代表作として『モルグ街の殺人事件』(1841),『マリー・ロジェーの怪事件』(1842),『盗まれた手紙』(1845)がある。この三編は、いずれもパリを舞台として探偵デュパンが活躍する探偵小説である。世界最初の推理小説『モルグ街の殺人事件』が美女殺人の意外な下手人をオランウータンに定めた恐怖には当時アメリカ社会の黒人奴隷が「人間」よりは低次元の存在として、しかしオランウータンと同格の存在としてあつかわれ、黒人とオランウータンの間に「ミッシング・リンク」があり、両者の雑婚もあったはずだという、猿と黒人を同一視する言説空間が形成されてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。