佛教大学、家庭科教育法、S0620

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数966
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学家庭科教育法の合格レポートになります。
    A評価を頂きました。
    あくまで参考程度に使って頂ければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     テキストに示されている家庭科授業づくりの工夫〈13項目〉の中から、2つ以上取り入れた小学校家庭科の学習指導案を作成しなさい。
     下記にて小学校5年における家庭科の学習指導案を作成する。日時、クラスは仮定したもの記述する。本指導案に取り入れた工夫としては「成長の自覚を促すガイダンス的な内容」「食育の推進を狙った指導」、「総合的な学習の時間との関連」、「地域の支援・ゲストティーチャーの活用」である。
    5年家庭科学習指導案
    指導者 ○○ ○○
    本学習指導の概要
     食育の促進の為に、日常一番よく食べられるお米と味噌汁についての理解と調理方法を学んでもらう。また地域の方と一緒に自分たちが育てたお米を使用することで、食べ物の大切さや食べ物を生産する人への感謝の気持ちを持ってもらうことがねらいである。また調理実習後の振り返りで、反省点や改善点を見つけ、家庭生活でも生かしてもらうことを期待する。
    尚、本題材は奈良県での実践を想定している。
    1.指導日時 指導場所
      平成25年10月10日〈木〉 第3,4校時 調理実習室
    2.指導学級
       5年1組 〈計30名〉
    3.題材名
      ご飯とお味噌汁は私..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。