国際金融論分冊1

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数65
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際金融論 分冊1  平成27年4月1日~平成29年3月31日まで
    企業が行う為替リスク対策には様々な方法があるが、それらについて説明し、さらに為替リスク管理の必要性が高まった理由やその背景についても論じなさい。
    ポイント
    企業内ヘッジと企業外ヘッジの違いはなにか。
    金ドル交換停止(ニクソンショック)以降、世界経済はどのような変化がおきたか。
    キーワード
    フォワード、フューチャー(ズ)、オプション、スワップ、金ドル交換停止
     為替リスクとは、経済取引における将来が不確実であることから生じる経済的な影響(ないしその可能性)のことである。企業では、企業収益に作用する価格リスクの一種で収益変化に関する将来の可能性を予測するのは困難で確実性を定量化することは難しが、なるべくリスクを小さくして企業活動を行わなければならない。そこで重要となるのが、リスク・エクスポージャーである。
     リスク・エクスポージャーとは、「企業活動や経済取引で生じる債権・債務のうち、為替レートの変化によて影響を受ける収益の部分」であり、外貨建ての債権・債務の金額の大きさであり、リスク管理を行う上で、このエクスポージャーを適..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。