経済学1 完全競争市場を説明し、完全競争市場では市場に参加するすべての経済主体が最適な行動をとっていることを、家計の雇用最大化および企業の利潤最大化を説明しながら論述しなさい。

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数567
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私が合格したレポートです。

    参考文献 ミクロ経済学 著 西村和雄
           ミクロ経済学入門 著 西村和雄

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     「完全競争市場」とは、消費者や生産者一人ひとりが市場に対して影響力を何ら持たない状態であり、たくさんの生産者、消費者にとって、自由な競争が行われる市場のこと。例として米を挙げる。市場に米屋が一つまたは、少数しかない場合、米屋は消費者に対して優位に価格を決定することができる。一方、米屋が多数存在する場合、前者に比べて、価格影響力が低下するため、市場で決定される価格に近づくであろう。この状態が完全競争市場である。この完全競争市場が成立するにはいくつかの条件がある。大前提として冒頭で述べた、市場に参加する経済主体一人ひとりが市場に対して影響力を持たないことが必要であるが、それと付随して下記の条件が満たされる必要がある。 1)同一市場で取引される財が同質的であること。 2)あらゆる経済主体が完全な情報を持つこと。 3)市場への参入、退出が追加的費用をかけずに自由に行えること。 これらの条件が全て揃ったとき、完全競争市場は成立するのである。完全競争市場では自然と需要と供給のバランスが保たれた状態となる。需要とは物の買い手の「どれだけのものを買いたいか」という欲求のことを指す。需要は購買力に基づ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。