経済学2 ケインズの有効需要の原理とは何かを説明しなさい。また、その特徴を古典派理論と比較しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数459
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大経済学

    代表キーワード

    日本大学経済学

    資料紹介

    私が合格したレポートです。

    参考文献 図解雑学 ケインズ経済学 著 滝川好夫

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ケインズの有効需要の原理とは1936年に発表された著書『雇用、利子、貨幣の一般理論』で提唱された。ケインズは、生産量や所得、一国でいえば国内総生産(GDP)は需要の大きさによって決まると考えた。これを「ケインズの有効需要の原理」という。ケインズは1930年代に不況が長引いたことから、不況で失業者が町にあふれている原因は、「人々がお金を使ってモノを買う力である有効需要(「お金を使って財やサービスを購入する」という貨幣的支出の力の大きさを表す。)が不足しているためだ」と考え、経済政策の必要性を提起しました。ケインズ経済学では、「需要側の要因が国民所得の大きさを決める」と考える。価格調整によって供給に等しい需要が生み出されるのではなく、数量調整によって需要に等しい水準に供給が決定されるとした理論である。有効需要の原理は、まず古典派の「セイの法則」の否定から始まった。 ケインズ以前に主流であった古典派の経済学では、セイの法則を中心として自由放任主義を展開していた。セイの法則は「供給は需要を生む」と要約される理論で、どのような供給規模であっても価格が柔軟に変動するなら、必ず需給は一致しすべてが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。