政治学分冊2 日本の弾劾裁判について論述しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数166
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本アメリカ裁判行政国会裁判所権利制度司法

    代表キーワード

    政治学

    資料紹介

    とりあえず、合格したい人向け
    平成21-23まで

    参考分権 「新・政治経済資料」 著・島根正幸
           「政治・経済」 著・筒井若水

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     弾劾裁判とは、刑事や民事の裁判ではない。正式には裁判官弾劾裁判所と言って、その名の通り裁判官を辞めさせるかどうかについて裁判をする。日本では、弾劾裁判所は憲法や三権分立などに深い関係がある。弾劾裁判所は、弾劾裁判を通じて裁判官を罷免する権限をもつ裁判所である。弾劾裁判は、裁判官訴追委員会という別の機関から裁判官の罷免を求める訴えが提起された場合に限って開かれる。この訴追委員会の訴えを「罷免の訴追」という。
     訴追委員会は、特定の裁判官について、国民や最高裁判所から罷免訴追の請求があったとき、請求がなくても独自の判断で、罷免の事由があるかどうかを調査することができる。次に、その結果に基づいて、その裁判官の罷免の訴追をすべきかどうかを審議する。
     日本では、憲法によって裁判官を対象とした制度として採用され、昭和22年に弾劾裁判所が設置された。例えば、憲法上日本の裁判官は身分が保障されている。裁判官には、憲法や法律に基づいて公正な裁判を行い、国民の権利を守るという大切な役目がある。その裁判官が、外部から圧力をかけられるなどして公正な裁判ができなくなるようなことがあってはいけない。そこで、身..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。