社会保障論Ⅰレポ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数147
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉

    代表キーワード

    社会福祉社会保障論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「国民年金制度の概要と課題について述べよ。」
    「年金」とは、「年を単位に支払われる金銭給付」を意味する。年金の財源は、社会保険料、税金、会社が負担する掛け金、個人が支払う保険料、貯蓄、相続した遺産等さまざまである。 
    年金制度は大別して、「私的年金」と「公的年金」に分けることができる。
    私的年金は①貯蓄的性格を有し、基本的に金利機能に依存しているため、想定外の物価上昇や生活水準の上昇という不確実な要素に対応することが困難であること②任意加入③支給期間がある有期年金が多い④財源は、企業年金では事業主負担の割合が多く、個人年金では個人の保険料とその運用収入のみであることが特徴としてあげられる。
    対して公的年金は、企業等が保険者となる私的年金に対して、政府や公法人が保険者となり、法律に基づき運営される所得保障を行う社会保障制度の一つである。老齢、障害、死亡といった3つの保険事故を対象とし、かつ事故からの所得喪失を補うことで、国民生活の安定と福祉の向上を図ることを目的としている。
    公的年金は①年金の実質価値が目減りしない②強制加入③終身年金が支給される④財源として本人の保険料や積立金の運用収入..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。