社会福祉運営管理論 レポ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数142
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「福祉サービスにおける組織と経営について述べよ。」
    1.福祉サービスとは  福祉サービスの概念について、以前は「援護育成または更正の措置を要するもの」という限定された人を対象に行なわれる社会福祉実践を意味していた。
    時代の変化と利用者のニーズの変化により、その対象が、「福祉サービスを必要とする者」に一般化され、それを必要としている広い範囲の人々に提供するものを「福祉サービス」と明確に呼ぶようになり、1990年の社会福祉事業法改正で法的に明記された。
    つまり、福祉サービスとは、現在における社会福祉を目的とする事業、すなわち社会福祉事業、介護保険法ならびに障害者自立支援法等の社会福祉関係法令に基づく事業、及びその他の社会福祉を目的とする事業における、具体的実践行為ということができる。
    社会福祉の「専門性」をもった福祉サービス提供者は倫理・哲学を基礎におきながら、専門知識、専門技術・技能によって個々の利用者に必要なサービスは何かを判断するとともに、今ある経営資源という限界のあるなかで、最も有益なサービスは何かという判断ができ、それを具体的なサービスとして提供することが役割として求められる。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。