高齢者福祉論レポ1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数98
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について述べよ。」
    介護の定義とは、日常生活に支障があり、またはそのおそれがある者の尊厳や自立、自己実現などを支えるために、本人のニーズと心身の状況に応じた身体的・精神的・社会的・文化的・予防的援助によりその人らしい生活を支援することである。
    すなわち、ADLとQOLの向上を目指し、その人らしく快適な社会生活が営めるように援助する行為であるが、介護に含まれる範囲は実に幅が広い。以下に具体的な例をもとにまとめ、述べていくことにする。
    ①身体介護…要介護者のADL能力や意欲の向上を目指し、要介護者とともに行なう、自立支援のサービスである。具体的な例として、排泄介助、食事介助、体位変換などが挙げられる。②生活援助…要介護者の生活基盤を整えるとともに、疾病や障害を安定状態に保つために必要なサービスである。具体的な例として、一般的な調理、洗濯掃除、買い物などが挙げられる。③相談援助、コミュニケーション…要介護者および家族の生活、介護、身の上などについて相談を受け、助言する。相談者本人と向き合い、複雑な事情、心境を理解し、介護に反映させ、QOL向上を目指す。具..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。