医学概論 レポ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数172
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉

    代表キーワード

    社会福祉医学概論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「認知症について述べよ。」
    認知症とは、「いったん正常に発達した高次の精神機能が、後天的な脳の器質的損傷により持続的に低下し、家庭生活もしくは社会生活に著しい支障を来すようになった状態」をいう。年相応のもの忘れと認知症のもの忘れとの違いとして、年相応のもの忘れは・体験(エピソード記憶)の一部分を忘れる、進行しない、見当識障害(日時・場所・人物の区別が出来なくなる)はない、もの忘れを自覚している、生活に支障がない、問題行動はない、と言うことが特徴としてあげられる。認知症のもの忘れは、体験全体をわすれる、進行する、見当識障害がある、もの忘れを自覚していない、生活機能に障害がでる、問題行動がでることが特徴としてあげられる。
    なぜそのような認知症が引き起こされるのか、原因疾患として、変性疾患(アルツハイマー病、ピック秒、びまん性レビー小体病、皮質基底核変性症、進行性核上性麻痺)脳血管障害(血管性認知症、ビンスワンガー病、脳アミロイドアンギオバシー、CADASIL)、感染症(脳炎、進行麻痺、エイズ脳症、プリオン病)腫瘍(脳腫瘍)免疫性神経疾患(神経ベーチェット、多発性硬化症)、外傷(慢性硬膜下血..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。