ソーシャルワーク演習Ⅰレポ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数120
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「地域社会に対するニーズ把握から支援計画までのプロセスについて述べよ。」
     ソーシャルワーカーが行なう地域社会におけるニーズ把握とは、1ニーズがどの程度満たされていないか、2ニーズを満たすためには何が必要であるか、3ニーズを満たすのに何が問題になっているか、4ニーズが満たされている人々と満たされていない人々の格差はどの程度大きいか、5その格差を縮小するためにどのようなサービスが必要であるか、に焦点をおきながら問題解決を目指すことである。
    ソーシャルワーカーが地域住民のニーズを満たすための問題把握と問題解決のために用いるアプローチとしてジェネラリスト・アプローチとエンパワーメント・アプローチがある。
    ジェネラリスト・アプローチとは、ソーシャルワーカーが専門家としてクライエントの能力、技能や生活状態の欠けている部分、満たされていない部分について焦点を当ててアセスメントすることであり、クライエントの長所を把握するより、否定的な部分を中心に把握する見方をもたらし、それがクライエントの力を削ぐ方向に作用するためにクライエントとの間に非対等な関係を強化するようになっている。
    ソーシャルワーカーは「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。