ソーシャルワークⅢレポ2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数144
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「相談援助におけるスーパービジョンの
    意義について説明せよ。」
     ソーシャルワークにおけるスーパービジョンの定義とは「ソーシャルワークを行なう施設や機関において、スーパーバイザーによって行われる、専門職としてのソーシャルワーカーを養成する過程」である。  スーパービジョンはソーシャルワークの展開において必要不可欠な機能であり、力量を持ったソーシャルワーク専門職を育てるうえでの最も効果的な方法である。これまでのソーシャルワークの歴史のなかで、スーパービジョンはその時代の社会的背景や隣接諸科学から大きな影響を受け、発展してきた。その歴史的変遷について以下に述べる。
    スーパービジョンの萌芽期は1880年代から1920年代で、ケースワークの源流と言われる慈善組織協会(COS)活動にあり、COSの有給職員が友愛訪問員の教育・訓練・指導を行なったことからとされている。
    確立期は1920年代から1960年代で、戦争神経症患者に対する治療にケースワークが用いられ、ケースワークの焦点がリッチモンドの定義づけた個人と社会環境との調整の立場から個人の精神内界へと移っていき、それとともにスーパーバイザーとスー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。