ソーシャルワークⅢレポ1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数69
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「相談援助におけるグループワークの持つ意味とその展開過程について説明せよ。」
    人間は「社会的存在」と言われ、生まれ出た社会的・文化的環境の中で、常に何らかの集団(グループ)に属し生活していくものであり、他の人間との相互作用の影響を受けながら「人間らしさ」を獲得し、発達していくものであるということを理解しておく必要がある。 1.ライフサイクルとグループの関係性  人間は一生涯、環境に適用しようと発達を遂げていく存在である。その一生のプロセスをライフサイクル(人生周期)と呼び、ライフサイクルを発達心理学の視点から研究した「エリクソンの発達モデル」がある。エリクソンは、ライフサイクルを誕生から死亡まで8つの段階に分けて、各発達段階で表される葛藤には固有の発達論的な危機があると主張した。ここで注目したいのは、ライフサイクルすべてにおいて、例えば乳児期が、「一方的に保護される状態」にあって、母親との一体感・相互信頼を体験する時期であるように、人間はその固体一つでは発達できず、常に何らかの集団に属して発達していくものであるということ、すなわち集団は、人間にとって欠くことのできない社会的環境の一つで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。