生活科教育法 佛教大学 科目最終試験 合格 全6パターン 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数709
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 通信教育課程 
    「生活科教育法」の科目最終試験問題のまとめです。
    全部で6パターンあります。


    参考文献「小学校新学習指導要領ポイントと授業づくり:生活[平成20年版]」東洋館出版社


    【問題】
    ①「教科目標の構成」と「教科目標の5つの趣旨」について説明しなさい。
    ②生活科の単元計画作成についてテキストに示された5つのポイントを正確に示しそれぞれについて詳細に述べなさい。
    ③生活科の授業づくりについてテキストに示された3つのポイントを正確に示し、それぞれについて詳細に述べなさい。
    ④新学習指導要領に新設された内容を正確に示し、その事について詳細に説明しなさい。
    ⑤テキストに示されている5つの観点を正確に示し、「生活科の授業をする」ということについて説明しなさい。
    ⑥「年間指導計画」についてテキストに示された4つのポイントを正確に示しなさい。


    【点数】
    82点

    この資料を科目最終試験の勉強の参考にして役立てて頂きたいと存じます。

    他にも『レポート』、『科目最終試験』、『教員採用試験筆記対策』、『教員採用試験面接対策』などをアップしています。
    よかったらそちらも是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目最終試験 生活科教育法
    生活科教育法の試験では、問題が6パターンある。
    ①「教科目標の構成」と「教科目標の5つの趣旨」について説明しなさい。
    教科目標の構成は、5つの要素で構成されている。①具体的な活動を通して②自分と身近な人々、社会及び自然とのかかわりに関心をもち③自分自身や自分の生活について考えさせるとともに④生活上必要な習慣や技能を身に付けさせ⑤自立の基礎を養う。となっている。
    ではこの5つの趣旨について述べる。
    ①生活科は①を重視し、身近な環境に直接的にかかわる体験や活動することを何よりも重視している。このような学習の展開は、生活科が低学年児童の発達段階を踏まえた教科であることに依拠している。
    ②については、生活科は自分を中心とした身近な人々や社会及び自然に直接かかわり、働きかけたり、働き返されたりという双方向性のある活動が展開されるなかで関心や気付きが高められていくのである。
    ③:生活科の学習は自分自身への気付きを重視する。好きな自分、嫌いな自分、など自分自身のイメージを深め、自分自身の良さや可能性に気付き心身共に健康な事項を形成することが自立の基礎を養うことにつながって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。