日本国憲法 佛教大学 科目最終試験 合格 全6パターン 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数656
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 通信教育課程 
    「日本国憲法」の科目最終試験問題のまとめです。
    全部で6パターンあります。


    参考文献「憲法入門[第4版補訂版]」


    【問題】
    1、信教の自由と政教分離について論じなさい。
    2、表現の自由の制限について論じなさい。
    3、報道の自由とプライバシーの保護について論じなさい。
    4、校則と自己決定権について論じなさい。
    5、法の下の男女平等について論じなさい。
    6、基本的人権の保障の限界について論じなさい。


    【点数】
    84点

    この資料を科目最終試験の勉強の参考にして役立てて頂きたいと存じます。

    他にも『レポート』、『科目最終試験』、『教員採用試験筆記対策』、『教員採用試験面接対策』などをアップしています。
    よかったらそちらも是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目最終試験 日本国憲法
    日本国憲法の科目最終試験の問題は以下の6パターンである。
    1、信教の自由と政教分離について論じなさい。
    2、表現の自由の制限について論じなさい。
    3、報道の自由とプライバシーの保護について論じなさい。
    4、校則と自己決定権について論じなさい。
    5、法の下の男女平等について論じなさい。
    6、基本的人権の保障の限界について論じなさい。
    信教の自由と政教分離について論じなさい。p150
    日本国憲法は、精神活動の自由として、「信教の自由」(第20条)を保障している。
    信教の自由の中心は宗教を信仰するかしないか、どの宗教を選択するかの自由である。これは内心の自由としての良心の自由(19条)の本質的部分をなすもの。
    「沈黙の自由」も当然に含まれ、信教についての表明を強制されることはない。何を信仰するかという信仰の内容の決定も信仰選択の自由にかかわり、国家権力の介入ができない。したがって法律上の争訴の対象とならない。
    20条の保障する信教の自由は、外部的な宗教活動の自由である。
    信教の自由の価値からみてその制約は格別の慎重さが求められるが、絶対的自由ではなく、法的規制を受け..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。