佛教大学 科目最終試験 教育原論 全6パターン 合格 2013

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数436
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 通信教育課程 
    「教育原論」の科目最終試験問題のまとめです。
    全部で6パターンあります。

    参考文献
    参考文献「教育学の基礎」佛教大学通信教育部

    【問題】
    (1)コメニウスの教授学や一斉授業について述べ、現在の学区教育における意義を考察せよ。
    (2)ソクラテス的対話術(産婆術)について述べ、ソクラテスの教育学的意義について
       考察せよ。
    (3)公教育成立の歴史的変遷について述べ、現在における学校教育の課題を考察せよ。
    (4)ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
    (5)ポール・ラングランの生涯教育論の意義と、それ以降の生涯教育の歴史的変遷 
    (ハッチンズ、フォール報告など) を述べよ。
    (6)ルソー教育思想の特徴 (消極教育や自然主義など) について述べ、その意義や問題点を考察せよ。

    【点数】
    85点

    この資料を科目最終試験の勉強の参考にして役立てて頂きたいと存じます。

    他にも『レポート』、『科目最終試験』、『教員採用試験筆記対策』、『教員採用試験面接対策』などをアップしています。
    よかったらそちらも是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目最終試験 教育原論
    教育言論の科目最終試験の問題は以下の6パターンである。
    (1)コメニウスの教授学や一斉授業について述べ、現在の学区教育における意義を考察せよ。
    (2)ソクラテス的対話術(産婆術)について述べ、ソクラテスの教育学的意義について
       考察せよ。
    (3)公教育成立の歴史的変遷について述べ、現在における学校教育の課題を考察せよ。
    (4)ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
    (5)ポール・ラングランの生涯教育論の意義と、それ以降の生涯教育の歴史的変遷 
    (ハッチンズ、フォール報告など) を述べよ。
    (6)ルソー教育思想の特徴 (消極教育や自然主義など) について述べ、その意義や問題点を考察せよ。
    各説題をまとめる。
    コメニウスの教授学や一斉授業について述べ、現在の学区教育における意義を考察せよ。
    コメニウスは、1600年代にスウェーデンにて学校教育改革を行い、ハンガリーにて新しい学校の改革を行った人物である。まず彼は、キリスト教の影響を受け、人間はあらゆる物の中で最高の存在とし、「教育は万人に対して必要なものである」と述べている。
    また、彼は、人間の現世においての課..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。