佛教大学 教育方法学 第2設題 レポート 合格 2013

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数591
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 通信教育課程 
    「教育方法学」の第2設題の2013年度の合格レポートです。
    評価はA判定でした。

    参考文献
    参考文献「新しい教育の方法と技術」ミネルヴァ書房
    【タイトル】
    知識基盤社会において、教師が経験に基づきながら、自らの教育技術や判断力を高めるための効果的なICTの活用方法を考えなさい。とくに、教育の情報化や育成すべき人材像をふまえて、必要とされる教師力の視点から具体的に説明せよ。


    【所見】
    特に記述なし。

    この資料をレポート作成の参考にして役立てて頂きたいと存じます。
    2012年度から酷似しているレポートを判別できるシステムが導入されたので、本レポートをそのまま提出することは避けたほうが賢明です。


    他にも『レポート』、『科目最終試験』、『教員採用試験筆記対策』、『教員採用試験面接対策』などをアップしています。
    よかったらそちらも是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    知識基盤社会において、教師が経験に基づきながら、自らの教育技術や判断力を高めるための効果的なICTの活用方法を考えなさい。とくに、教育の情報化や育成すべき人材像をふまえて、必要とされる教師力の視点から具体的に説明せよ
     現代の社会は「情報社会」とも、「生涯学習社会」ともいわれ、さまざまな情報にアクセスする機会や、教育を受ける機会は、これまでのどの社会と比べても格段と広がっている。もはや学校だけが教育の場ではない、という認識は、すでにわたしたちの間で常識となっている。学習指導要領のなかでも情報教育は非常に重要視されているが、学校現場における環境整備や教師によろうICT活用は十分ではない。世界的に情報教育が推進されるなかで、日本では2001~2005年度のe-japan戦略、2006~2010年度のIT新改革戦略のなかで学校のICT環境整備が国策として行われてきているものの、その計画は遅々として進まない状況にあり、日本における情報教育はかなり遅れているのが現状である。2009年7月にi-japan戦略2015が出されているが、教育分野は重点分野とされながらも、これまでと同じ環境整備の目標を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。