佛教大学 理科教育法 S8105 レポート 合格 2013

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数545
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 通信教育課程 
    「理科教育法」の第1設題の2013年度の合格レポートです。
    評価はA判定でした。

    参考文献「新理科教育」佛教大学通信教育部

    【タイトル】
    (1)子どもたちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を2つの観点から解説せよ。
    (2)そのうち1つの観点から、あなたの居住している地域の自然を教材化した事例(授業の展開例)を示せ。


    【所見】
    学習を認める。

    この資料をレポート作成の参考にして役立てて頂きたいと存じます。
    2012年度から酷似しているレポートを判別できるシステムが導入されたので、本レポートをそのまま提出することは避けたほうが賢明です。


    他にも『レポート』、『科目最終試験』、『教員採用試験筆記対策』、『教員採用試験面接対策』などをアップしています。
    よかったらそちらも是非参考にしてください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)子どもたちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を2つの観点から解説せよ。
    (2)そのうち1つの観点から、あなたの居住している地域の自然を教材化した事例(授業の展開例)を示せ。
     (1)子どもたちは自然に働きかけて、自然から様々な情報を得て自然を認識していく。ところが、最近は子どもたちと自然の間に人工物や機器など様々なものが入り込み、直接自然に働きかける機会が奪われていることが多い。それで、子どもたちは自然に働きかけるのではなく、子どもと自然の間に立ちはだかる自然でないものに働きかけて、そこから情報を得ているのが現状である。理科教育は、子どもが自然に働きかけ、自然から情報を受け取り、自然を認識していく過程で人間的成長を推し進めなくてはいけない。最近、地域性を生かした理科教育が注目されはじめ、地域の自然を教材化した実践が各地で試みられるようになった。地域の自然をテーマにした「副教材」も各地で開発され、使用されている。なぜ地域の自然を教材化することが必要であるのかを述べる。ここでは「子どもの自然の認識」と「理科教育・環境教育の目的」という2つの観点からその必要性を述べる。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。