佛教大学 人権(同和)教育 小学校 レポート 合格 2012 2013

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数296
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 通信教育課程 
    「人権(同和)教区」の第1設題の2013年度の合格レポートです。

    参考文献「同和教育実践:新たな人権教育の創造」佛教大学通信教育部

    【タイトル】
    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること。

    【所見】
    特に記述なし。

    この資料をレポート作成の参考にして役立てて頂きたいと存じます。
    2012年度から酷似しているレポートを判別できるシステムが導入されたので、本レポートをそのまま提出することは避けたほうが賢明です。


    他にも『レポート』、『科目最終試験』、『教員採用試験筆記対策』、『教員採用試験面接対策』などをアップしています。
    よかったらそちらも是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること
    同和教育とは、同和問題を解決するための教育の営みの総称であると言われている。まず、同和問題の解決に果たす教育の役割について述べたい。1965年8月に出された「同和対策審議会答申」では、その前文において「昭和36年12月7日内閣総理大臣は本審議会に対し『同和地区に関する社会的及び経済的諸問題を解決するための基本方針』について諮問された。いうまでもなく同和問題は人類普遍の原理である人間の自由と平等に関する問題であり、日本国憲法によって保障された基本的人権にかかわる課題である。したがって、審議会はこれを未解決に放置することは断じて許されないことであり、その早急な解決こそ国の責務であり、同時に国民的課題であるとの認識に立って対策の探求に努力した。」と述べている。答申の発表の14年前の1951年に京都市で「オールロマンス事件」が起こったが、この事件及びその後の闘いでは、「差別とは観念の亡霊ではなく、具体的な部落の生活の中にあること」を明らかにしたという意味で大きな意義があ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。