佛教大学 教育相談の研究 レポート 合格 A判定 2012 2013

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数545
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 通信教育課程 
    「教育相談の研究」の第1設題の2013年度の合格レポートです。
    評価はA判定でした。
    参考文献「学校カウンセリング入門[改訂版]」

    【タイトル】
    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。

    【所見】
    適応指導教室での経験を踏まえて学校カウンセリングの基本的在り方についてよく述べられている。

    この資料をレポート作成の参考にして役立てて頂きたいと存じます。
    2012年度から酷似しているレポートを判別できるシステムが導入されたので、本レポートをそのまま提出することは避けたほうが賢明です。


    他にも『レポート』、『科目最終試験』、『教員採用試験筆記対策』、『教員採用試験面接対策』などをアップしています。
    よかったらそちらも是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい
     学校カウンセリングとは「学校で行われるカウンセリング」ということよりもっと深く、さらにはこれまでのカウンセリングの枠を越える新しい世界がそこには広がっていると考えられる。教師がある時はクラスの担任として、クラスを運営し、さまざまな指導を行い、統制し、管理しつつ、成績の評価をつける。その一方で、カウンセラーとして、子どもたちのさまざまな悩みや相談を聞き、受容し共感することを通じて、問題の解決をはかるということを行っていかないといけない。しかし、調査によっては教師を相談相手としてほとんど見ていないという現実もある。学校カウンセリングとは、これまでの貨運セイリングという理論や技法を学校と簡単につなぎ合わせるだけで理解できるものではないのである。学校ではカウンセリングは無理であり、それは専門のカウンセラーに任せればいいのではという方向性も考えられる。しかし、今日の教育が、単に生徒に勉強を教えるだけで済むというわけにいかないのは、現場の先生方が一番よくわかっていることであり、教師自身がなんらかの生徒との関係作り、理解を深めている..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。