佛教大学 家庭科教育法 S0620 レポート 合格 2012 2013

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数714
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 通信教育課程 
    「家庭科教育法」の第1設題の2013年度の合格レポートです。


    参考文献「初等家庭科教育法」佛教大学通信教育部

    【タイトル】
    テキストに示されている家庭科授業づくりの工夫(13項目)の中から、2つ以上取り入れた小学校家庭科の学習指導案を作成しなさい

    【所見】
    指定した様式で作成し、適切に作成できている。
    指導の工夫が初めに明記されている。


    この資料をレポート作成の参考にして役立てて頂きたいと存じます。
    2012年度から酷似しているレポートを判別できるシステムが導入されたので、本レポートをそのまま提出することは避けたほうが賢明です。


    他にも『レポート』、『科目最終試験』、『教員採用試験筆記対策』、『教員採用試験面接対策』などをアップしています。
    よかったらそちらも是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「テキストに示されている家庭科授業づくりの工夫(13項目)の中から、2つ以上取り入れた小学校家庭科の学習指導案を作成しなさい。」
     テキストの第3章小学校家庭科の授業づくり、第1節家庭科の授業づくりの工夫より、「食育の推進をねらった指導」「伝統と文化を意識した指導」の二つの項目に基づき指導案を作成する。
    第5学年1組 家庭科学習指導案
    平成25年4月22日(月)
    場所 家庭科室
    児童数 25人
    題材名 「私たちの食文化」
    題材について
    児童観
       ・本学級の児童は明るく元気がよい。また、食への関心も高く朝ごはんをしっかり食べてくる児童が多い。しかし、実際に調理をするといった経験は乏しく、今回の調理実習を行うことでより食への意識・関心を高めることにつなげたい。
    教材観
      本教材は日本の伝統的料理である米飯とみそ汁をテーマに作り方や実際に調理を行う。日本の家庭の食生活において、ご飯とみそ汁に対する比重はパンなど欧米文化の普及により変わってきている。しかし、今もごはんとみそ汁は食べられ続けている。みそ汁の味付けや具材は地域や家庭によって異なるが、材料の価値や栄養などを比較することで子ども..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。